歩行介助におけるNsとPTの視点の違い

看護

視点の違いシリーズです

こちらもチラッと読んでみて下さい【Ns視点とPT視点の違いとは?】

ここでは歩行介助におけるNsとPTの視点の違いをお話して行きたいと思います

個人的に感じている視点の違いやで

スポンサーリンク

歩行介助とは

言葉通りの意味なので説明は必要ないかもですが…

治療上、ベッド上安静を強いられる方も多いです

また手術により歩く動作が難しくなる人もいます

再び歩けるまでにはリハビリが必要となってきます

PTなどの専門でのリハビリも必要ですが、日常生活でも動作を行うことで更に早く回復することも多いです

ちょっと難しく不思議に感じる方も居るかもしれませんが、リハビリ中は出来てもリハビリ以外の時間では出来ない方も居られます

リハビリしてて生活で使えるようにするのは大変やった

出来るだけでは意味はなく、実用性が大事やからな

特に歩行という動作は生活を行う上で非常に重要になります

歩けるか歩けないかで今後の生活も大きく変化します

歩行介助における視点の違いとは

視点の違いって表現は少しちゃうかも

PTとNsでは歩行に対しても目的に違いがあります

Nsは歩行介助を行います

介護士や家族も歩行介助になります

PTは歩行練習を行います

歩行介助をしているようで歩行練習をしています

この介助と練習が視点の違いとなります

歩行介助におけるNs視点とは

歩行介助においてNsが一番気を付けるのは転倒です

絶対に転倒せんように!

転倒するリスクが高い場合は人数を増やして介助を行います

リハビリ等で安定するまで歩行介助を行わない選択もすることがあります

  • 歩行状態
  • 視力・聴力
  • 認知機能
  • 薬剤

等の情報から様々なことを考えます

1つの例として

徐々に歩く時間を増やして行きたい状態になっても認知機能が低下しており、1度歩いていいと認識すると1人で勝手に歩き転倒する可能性がある人も居られます

その場合は、もう少し歩く動作が安定してからであったり、1人では動かないように工夫したり、1人で動いた時に気付けるように工夫したりと様々なことを行います

看護師は転倒予防第一!

歩行介助におけるPTの視点とは

先ほどもお話しましたが歩行介助というよりも歩行練習となります

転倒のリスクも当然考えていますが歩けるようにするためには何が必要かという視点が一番になります

ちょっと知識が古いかもせんけど

PTについてちょっと話すわ

PTは歩行動作を8つの相で分けて観察しています

動作観察から正常との逸脱を発見し、その原因を検査し評価を行います

それに対して理学療法で回復できる事に対して理学療法を行っていきます

そのため歩くことが出来ないから歩行練習をするにはならないです

筋力が弱くなっていて歩けないのであれば筋力を上げるようなリハビリを行います

ただ筋肉がつけば出来るようになるかと言われると出来ません

身体がその使い方を覚えていかなければなりません

スポーツの反復練習と似たようなもんですね

PTが関わることで不必要なことを除くんや

歩くために筋力が足りないだけなら

足りない筋力だけ回復させて使い方を教える

細かく分析しているため、転倒しやすい歩行動作の相と転倒する可能性が高い方向等も認識していることが多いです

動作観察して評価して理学療法や!

実用性のある歩行を目指そう!

リハビリ以外の歩行介助について

お互いのことを話すわ

Nsが知りたいこと

  • 転倒が起こる時
  • 転倒しないような介助方法

転倒予防が目的です

PTから依頼があって行うことが多いと思います

PTが依頼する場合

  • リハビリ以外の時間帯でも動いて欲しい
  • PT以外でも介助は出来る能力になっている

廃用予防と動作回復が目的なことが多いです

  • どの時に気を付けるべきか
  • 転倒する可能性が高い方向
  • 歩行介助の方法と方向

転倒に関する情報とそれに対する介助についてをお話してくれるのが一番良いです

PTの理想(個人的な意見)

PTが行う歩行練習は、出来るだけ正常に近い動作であったり、安定した動作であったりします

先ほどのお話しましたが身体が使い方を覚えるために歩行動作の修正を行います

しかしリハビリの時間だけではなかなか修正が出来ないことも多いです

次の日に修正した動作が戻っていることもよくあります

リハビリ以外の時間帯でも、ある程度修正した動作が出来ると回復も早くなります

転倒に注意も必要ですが、ある程度修正した動作への誘導をしながら歩行してもらうのが一番の理想だと思っています

それをリハビリ以外の職種に求めるのも変やけどな

ちょっとした体重移動だけでも大きく変わるとは思ってる

まとめ

Ns視点

『転倒』を中心に考える

  • 転倒するタイミングと方向
  • 介助の方向と方法

が知りたいこと

PT視点

廃用予防』・『動作回復』を中心に考える

  • ある程度誘導した動作での介助

が理想ではある

ちょっと長くなったけど、こんな感じやと思うわ

お互いの視点を知ってるだけでもええと思う

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加していますのでクリックして応援してくれると嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナース
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました