新人看護師へ1年間を乗り越える手助けを!

看護

私が1年間過ごした時に役に立ったこととよく言われたことを元に出来ればやっておきたいことを話していきます

関わり方についてはこちらを参考に【新人看護師必見】先輩や患者さんとの関わり方!1年目の武器を!

向き不向きがあるからできるやつだけもってってな!

スポンサーリンク

生活リズムに慣れる

最初は新生活と業務に身体を慣らすことが大事です

緊張の毎日で疲労がかなり溜まると思います

最初はキチンと仕事に行ってる自分を褒めてもええで!

身体さえ元気なら何とでもなるので体調管理が一番大事

わからないことは出来るだけその場で聞く

最初は『わからない』ことが『わからない』と思います

もし気付いたら素直に『どこがわからないかがわからない』と言うと良いと思います

それは看護のことだけなく社会人として知ることも一緒です

わからんまま放置したらヤバイことになる

生活も大事やで!いや、生活の方が大事や

徐々に『わからない』部分が自分でもわかってくるようになります

他の人と比較しない

同期で同じ病棟で働いたりすることがあります

人によって得意・不得意があります

社会人と新卒では立ち回りも違います

私は手先が不器用だったので点滴のルートはかなり苦手でした

センス0とまで言われた!

そこから自分なりにルートの取り方を調べたり実践しました

2年目に入るころには何も言われなくなりました

ルートだけでも出来るようになるまでかなり時間はかかりました

ちなみに同期は指先は器用だったのでルートはすんなり入ってましたね

比べたところで出来ようにはならんで!

ただ、やり方は参考にはなる!

基本的には比べない!

色々と言われることもありますがあまりにしないように!

自分のペースでコツコツが大事

出来たことに対して素直に自分を褒めよう

最初は出来ないことが多く出来ないことに対して考えてしまうことが多いです

俺も自分にダメ出しばっかりしてたな

元がネガディブな性格ってものある

最初は出来なくて当たり前!!

出来ないことが多い分、出来るようになる部分も多いです

出来た部分関して盛大に褒めてやりましょう!

振り返ってみたら毎日のように出来ることが増えてると思うよ

勉強はある程度時間を区切ってする

実習では睡眠時間を削って勉強したり記録を書いたりしてたと思います

最初は知識も少ないので勉強することや調べることは山のようにあります

実習と同じようにしてしまうと身体は持ちません

体調管理が一番大事!

体調に影響でない程度に勉強やで

課題を出されたときは素直にここまでしか出来てませんと話しましょう!

やれることに越したことは無いですが自分の許容範囲以上のことを続けると身体に異変が起きます

踏ん張る必要がある時は頑張ろう!

毎日の睡眠、ストレス解消は仕事を続けるうえで大事です

楽しみを作る

これから続けていくことになるであろう仕事です

最初は覚えることが多くて仕事が中心になります

それだと身体が徐々に持たなくなる人が大半だと思います

何かしら楽しみを作るようにしましょう!

俺はうまいもんを食うのが楽しみやったわ

上手にストレスと付き合う方法も探って行こう!

メモを2つ準備する

最初は大量に覚えることがあります

説明しながら次々に進むことも多いです

特に処置の見学なんて目の前でどんどん進んでいきます

しっかりメモを取る時間はない!

とりあえずのメモを取りましょう!

そして2つ目のメモに自分にわかりやすく書き直しましょう

その時にわからないことや気になったことが出てくると思うので質問して理解していくのが良いです

最初は物品の位置や書類の処理とかもメモしておくと便利やで

他にもあった方が良いものがあるのでこちらを参考に【看護師の必需品と便利な物】

マニュアルを見る

だいたいどこの病院にもマニュアルというものが存在します

このマニュアルという存在が非常に大事になります

清潔ケアを行う上でもマニュアルが存在しています

自分の持っている本や学校で教わったこととマニュアルに違いがあることも多いです

マニュアル通りに行わずに不都合が発生した場合は個人の責任となることもあります

マニュアルに乗っ取って実施することで自分を守れる!

マニュアルを見る癖をつけるという目的でも見ることは大切です

年数を重ねると知らないことでも判断しないといけない時もあります

積極的に処置の観察を申し出る

ある程度、業務が慣れてきたら少しずつ周りも見えてきます

そうすると担当ではない所で見たことない処置を行う日がわかってます

そういうのは積極的に観察をしておいた方が良いです

たまたま処置が当たらなくて半年たって初めてです

って話したら色々と言われたわ

あるあるに近い出来事だと思います

観察を申し出る時は朝一に先輩に相談やで!

途中で相談して対応してくれる先輩は稀や

最後に

あまり根を詰めすぎると倒れてしまいます

ストレスで身体に異常が起きる前に動きましょう!

私は異動後にストレスで味がわかりにくくなり眠れんくなったわ

それで色々と上に相談しても変わらなかったので転職を決断したよ

眠れんかったら受診して眠剤でも飲んだらとも話されましたね

私の場合は原因が異動だったので眠剤を飲んでまで異動先で仕事をしたくないと思いました

今は元気で看護師も続けられているので良かったと思ってます

身体さえ元気なら何とでもなります!

仕事も看護師だけではないので無理はせずに自分の身体をいたわりましょう!

ここでの内容が少しでも参考になって負担の軽減に繋がると嬉しいです

退職も検討してるならこちらを参考に【経験談】看護師の退職の実際 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加していますのでクリックして応援してくれると嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナース
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました