つみたてNISAってなに?やったほうがいい?

生活

老後資産に向けてiDeCoとつみたてNISAを始めました

iDeCoについてはこちらを【iDeCoってなに?開始まで簡単に説明!】

iDeCoのみでは老後資産が不安なため、つみたてNISAも行うことにしました

ここでは、つみたてNISAについてお話して行きます

可能であればやってみてもええ思う!

スポンサーリンク

NISAとは

2014年1月にスタートした個人投資家のための税制優遇制度のことです

  • 一般NISA
  • ジュニアNISA
  • つみたてNISA

の3種類があります

2024年から一般NISAが新NISAとなり制度の内容が変更される予定となってます

どれも非課税で運用が出来る点は同じです

運用年数・投資額・年齢に差があります

一般NISAとつみたてNISAは同時に行うことが出来ません

つみたてNISAとは

年間40万円までで最長20年間を非課税として投資が出来る制度です

投資のよる利益は約20%の税金が発生します

つみたてNISAでは非課税で運用出来るため利益に対して税金が発生しません

2021年4月現在では2042年までの制度となっています

2042年以降も商品は保有できますが商品の購入が2042年中までとなってます

メリット

メリット・デメリットを話して行くで!

非課税で運用ができる

年間40万円までで最長20年間が非課税となります

通常約20%の税金が無くなるのはとても大きなことです

年間40万円は月に33333円を積み立てると最大になります

月33333円で20年間をシミュレーションすると

利回り3%で10,943,291円

利回り5%で13,700,985円となるで

少額からでも始められる

つみたてNISAは毎月1000円程度から積立てることが出来ます

安い商品だと100円からもあるみたいです

投資がどんな感じとかの体験でするものええと思う!

積立なので買うタイミングを考えて無くて良い

積立で投資するので買い時などの判断を考えなくてよい

長期投資することが何よりも大事や

ドル・コスト平均法で購入するため損をしにくい

ドル・コスト平均法とは金融商品を定期的に定額で購入していく投資手法のことです

月額設定を行えば、相場が高い時に少なく、相場が低い時には多く購入するということを自動で行われます

投資初心者には商品が選びやすい

つみたてNISAの金融商品は金融庁が一定基準を満たした商品だけで構成されています

通常では何千とある商品の中から選ばなければならないです

投資初心者では、その中から選ぶのは大変です

少なくても初めての人からしたら多い!

俺は色々と悩んで商品を選んだわ

いつでも資産を換金できる

積み立てた資産は、いつでも自分が必要なタイミングで換金できます

教育資金や旅行などの必要な時期まで積み立てて運用し換金することも可能です

iDeCoみたいに60歳まで引き出せないということもないです

いつでもお金に変えれる!

目的を持って長期投資したらええな!

デメリット

元本割れの可能性がある

つみたてNISAで選ぶ商品は元本確保型の商品はありません

運用する上で元本割れが起きる可能性もあります

絶対にプラスになるとは保証できへんって部分は認識すべきやな

商品が少ない

金融庁が一定基準を満たした商品だけで構成されており数が限られています

投資初心者には良いですが色々と買ってみたいと思った時に選ぶ商品が少ないのはデメリットですね

非課税枠は翌年以降に持ち越せない

つみたてNISAでは余った非課税枠を次の年に持ち越すことは出来ません

その年は20万使い、残った20万を次の年に60万円を投資するということは出来ません

年間40万円までは固定です

使い切るとなると月33333円の投資になります

年の途中から始めても増額投資出来るで!

俺は4月から開始となってるから

今年は月44444万で投資予定となってる

損益通算が出来ない

投資初心者には難しい話です

投資では利益と損益をトータルしてから税金を計算します

つみたてNISAは損益計算の対象外となります

つみたてNISAに向いている人

投資初心者

金融庁が一定基準を満たした商品で構成されています

金融商品の中にはハイリスクハイリターンものやハイリスクしか無い物もあります

その見極めは初心者には大変です

つみたてNISAの商品は金融庁の一定の基準を満たした商品で構成されているため長期運用に向いている商品ばかりとなっています

それでも初心者には量が多いけどな!

俺も商品が多くて迷ったし

少ない金額から積立したい人

つみたてNISAは月1000円からの商品が多いです

中に100円からも物もあります

自分の家計に合わせて少額から無理ない範囲で行えるのは魅力の1つです

投資に興味があるなら

少額からとりあえずやってみるのはええと思う

長期運用したい人

つみたてNISAは非課税期間が20年と長いため長期運用に向いています

長期運用することが一時的な価格変動が起きても影響が少なくなることがあります

長期運用していく中で暴落は経験するものらしい!

ただ、商品によりその大小がある

個人的なオススメ金融機関

iDeCoと一緒やな!

SBI証券か楽天証券がオススメです

SBI証券は取り扱いの商品が多くネット証券で口座開設数がNo.1です

楽天証券も取り扱い商品の数はSBI証券とあまり変わりません

楽天証券では楽天カードでのクレジット決済にすることで積立代金を楽天ポイントに付与することが出来ます

2021年4月現在では50000円までがポイント対象となってます

月33333円をつみたてNISA

残りの16667円を一般口座での投資

ってしてる人もおるで

まとめ

つみたてNISAとは年間40万円までで最長20年間を非課税として投資が出来る制度です

メリット

  • 非課税で運用できる
  • 少額からでもできる
  • 積立投資であり買うタイミングに悩まない
  • ドル・コスト平均法で購入するため損をしにくい
  • 投資初心者には商品が選びやすい
  • いつでも資産を換金できる

デメリット

  • 元本割れの可能性がある
  • 商品が少ない
  • 非課税枠は持ち越せない
  • 損益通算ができない

向いている人

  • 投資初心者
  • 少ない額から積立したい人
  • 長期運用したい人

個人的なオススメ金融機関

  • SBI証券
  • 楽天証券

お小遣いの余りからやってみたらええかも

俺も始めたばかりやから絶対にとは言えけど

何事も経験って大事やとは思ってる

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加していますのでクリックして応援してくれると嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナース
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました