【新人看護師向け】本は種類で選ぼう!オススメを紹介!

看護

看護師の本って結構ありますよね

学校で買った本でも大丈夫なことも多いです

本にも書いている内容は似ていることも多いです

またネットで情報を集めるのも容易になってます

それでも不安があったり同じ本を読むのは飽きますよね

ここでは私が良かった本とオススメと呼ばれる本について紹介します

新人や経験年数が少ない人向けな!

スポンサーリンク

おすすめの本の買い方

基本的に自分が読みやすいと思ったものがオススメです

ただやみくもに読みやすい本を買うのは良くないです

何種類かに分けて1冊ずつなど買うのが良いですね

一度にたくさん買っても読まん!

しかも入職すぐとか疲れて読むどころじゃない!

買うべき種類とは

  • 基礎看護技術の本
  • 専門領域の本
  • 目標設定の参考になる本

この3種類を買っておくと良いでしょう

あまり古い本はおすすめしません!

医療はどんどん変わっていくので内容が変化していることもあります

基礎看護技術

基本的には学校で買った本で事足ります

個人的に良かった本とオススメされている本を紹介します

ズルカンシリーズ

新人の時は知らなかったけど転職の時に振り返り目的で買ってみた

本の厚みも少なく図解で面白くわかりやく書いているので読みやすいです!

他にも2冊このシリーズがあります

少し古いですが『ねじ子のヒミツ手技』もオススメです

専門領域の本

ここはホンマに自分に合った本を選択するのがええわ!

私は循環器内科だったので循環器の本と心電図の本を買いましたね

この2冊は結構良かったのでオススメします

この本は検査・観察・ケアが中心に書かれていています

観察とケアが書かれている本は実際の現場でかなり役立ちました

実際の写真とセットで書かれているので振り返りにも使いやすかったです

疾患に関してはサラッとしか書かれていないので別の本があった方が良いです

原因から治療までが端的に書かれていてわかりやすかったです

細かな理由や根拠までは書いてない部分もありますが最初に調べるのに便利でした

心電図の取っ掛かりとしてはわかりやすかったです

モニター心電図なので循環器やICU所属となるなら12誘導の本を別で購入した方が良いです

お金と時間に余裕があるなら

ハート先生の講義も結構わかりやすかったで!

ICUに異動になった時もビジュアルナーシングのICUを購入して便利でした

同時に脳神経外科のビジュアルナーシングも購入しましたが個人的には微妙でした

ビジュアルブックシリーズ

ビジュアルナーシングシリーズ

は比較的おすすめかな!

病気がみえるシリーズもあります

私はあまり合わなかったです

今回と全く関係ないけど

『ハート先生の血圧講座』って本はかなりええ!

個人的には心電図よりも良かったと思ってる

血圧のことを知るのに参考にしてみて!

目標設定の参考になる本

教育がしっかりと整った場所であれば購入しなくても良いかなと思います

だいたいは教育の目標通りに進んでいきます

自分で目標設定が必要になる場合は参考になると思います

振り返りにも使えるから買ってても損はない

大きく看護ケアと組織についてをポイントに絞って簡潔に書かれています

自分の行った看護について振り返る時に便利です

ただ簡潔に書かれているため内容が少し薄くなってます

こちらもオススメです

広い範囲で書かれているため内容が薄くなる部分もありますが振り返りにも充分に使えると思います

『できるナース』と違い看護ケア中心で書かれています

やったことない技術を経験出来るように相談する使い方もええで

実際に見たりすることが何よりの経験になります

まとめ

3種類で考えて購入しよう

基礎看護技術

  • ズルカンシリーズ
  • ねじ子のヒミツ手技

専門領域

  • ビジュアルナーシングシリーズ
  • ビジュアルブックシリーズ

目標設定

  • できるナースと言われるために3年目までに知っておきたい100のこと
  • 先輩ナースが書いた看護のトリセツ

基本的には自分が読みやすいと思ったものがオススメや!

最初から難しい本や何冊も買わないように!

一度にたくさん買っても読まなくなると思います

こちらも参考にしてみてください看護師の必需品と便利な物 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加していますのでクリックして応援してくれると嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナース
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました