看護師を続けられてるコミュケーション獲得までの道(完)

看護

前回の話では『コミュニケーションは技術』という言葉に出会った話をしました

私がコミュニケーションに対して意識が変わった言葉です

詳細はこちらを読んでみてください【看護師を続けられてるコミュニケーション獲得までの道】 

今回は、前回の続きで理学療法士になってから現在までのお話をしていきます

スポンサーリンク

理学療法士時代の取り組み

様々な場所でのコミュニケーション能力が必要になります

  • 上司・先輩とのコミュニケーション
  • 他職種とのコミュニケーション
  • 患者さんとのコミュニケーション

この3点に分けて取り組んだことをお話して行きます

上司・先輩との関わり

  • 話を遮らないように最後まで聞く
  • 話の後で何か1つ質問をする

前職と比べると会話はだいぶ増えました

仕事の話は問題なく出来るようになっていきました

ただ仕事以外の話は全然でしたしプライベートで関わることも一切ありませんでした

他職種との関わり

  • 相手のことを考えてから必要なことを伝える
  • 患者さんの状態を聞いたりして少しずつ交流する

リハビリでは状態に合わせて病棟への依頼をすることがあります

仕事と言っても人なので相手のことを考えて依頼や相談を行います

その時に普段関わりが無い人よりも関わっている人の方が話がしやすいです

仕事を円滑に進めるために何かしらの交流は大切!

挨拶だけ、一言話すだけでも印象は違う

患者さんとの関わり

一番頑張って取り組んだことです

リハビリを行う上で一番大切なのは本人の意欲だと考えています

『患者さんの意欲を引き出す技術』が必要になる

そのためには患者さんとの信頼関係の構築が大事になります

信頼している人と話す時は気をあまり遣わないし安心感もあるよな!

信頼関係を構築する上で意識して実践したことは

  • 相手の声のトーンやリズムを合わせる
  • 話を受け入れ肯定する、または共感する
  • 相手との会話中は目線を出来るだけ同じ位置にした
  • 会話する時は必ず相手の方向を向いて話す
  • 基本は笑顔で優しい口調で話す
  • できないこと、難しいことは正直に話した

意欲を引き出すこととして

  • 出して欲しい力の強さに応じて声の大きさを変える
  • 良くなっていることを実感させる変化を体験させる
  • ゴールや目標を提示する
  • 相手の表情や声のトーンの変化に気付き心境を把握する
  • ポジティブな言葉を選択する

文で短く説明すると凄いことしているみたいになるな

こういう事を意識してコミュニケーションを行った

理学療法士の勉強もあり更に意識してコミュニケーションを取っていたので苦労しました

今でも意識して行っている部分も多くあります

声のトーンやリズムを合わせるのは無意識でやってることが多いです

更に取り組んでたこと

人との繋がりも大切なことに気付きました

  • プライベートも含めて少しでも交流をしていく
  • 仲良くなった人に対して軽い愚痴を話すこと
  • 自分から話題を提供していくこと

何を考えているかわからないと言われることがあった

そこから少しでも愚痴を話してみようとなった

看護学生になる前辺りから友達の紹介でTwitterを始めました

一度アカウントを作り変えてますが当時から繋がっている人もいるので感慨深いものもあります

Twitter内でも肯定する、ポジティブな言葉を使うなどを意識してました

看護学生時代の取り組み

理学療法士時代に人との繋がりも大切だということに気付きました

理学療法士時代の反省点として

  • 仕事仲間とプライベートで仲良くなることが無かった
  • 異性と話すのは苦手
  • 自分の話をするのが苦手

また学生に戻るので積極的に交流をしていこうと思いました

  • 飲み会への参加
  • 休憩時間に雑談する
  • 自分からも話しかける
  • 傾聴、共感する

飲み会に私が参加する

それだけで自分自身を褒めてましたね

異性とのコミュニケーションを取ることも多く共感することも意識してました

異性への苦手意識が減り共感することを意識せずにある程度できるようになりました

振り返った結果

今でもコミュニケーションが苦手な意識はあります

コミュニケーション能力は『聴く力』『伝える力』の2つある

私の行ってきたことと合わせて話して行きます

聴く力

聴く力、いわゆる『傾聴』するということです

相手が話したいことを引き出すスキルですね

聞き上手と言われている人達のこと

傾聴スキルとして挙げられるのが

  • 相槌、アイコンタクトを適度に行う
  • バックトラッキング技法、いわゆるオウム返しを使う
  • ミラーリング技法と呼ばれる相手の表情、声のトーン・リズムを同調させる
  • 話を共感し最後まで聴く

やってきたのは傾聴スキルが中心やな!

伝える力

相手にわかりやすく伝える能力や相手が聞きたいと思う能力です

プレゼンが上手な人ですね

傾聴スキルと併用している部分が大半です

バックトラッキング技法、ミラーリング技法も伝える力の1つとも言えます

熱く語っているのを聴くと自分も自然と熱くなる時もあると思います

わかりやすく伝える技術として『PREP法』があります

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論

の順番で話すと短時間で説得力のある説明ができます

私はそこまで意識して話したことはありません

ブログの構成もこれで書くと伝わりやすい

伝える力を鍛えることもできる!

看護師として続けれてるのは?

看護師としてコミュニケーションが必要な場面として

  • 患者さんや御家族とのコミュニケーション
  • 看護師同士のコミュニケーション
  • 医師や他職種とのコミュニケーション

大きく3つになると思います

似たような文をどこかで見たかと思います

理学療法士の時と一緒やん!

違いと言えば看護師は女性が多いので共感する技術が更に必要になります

コミュニケーション技術といて傾聴スキルを磨いてきた

この行為こそが看護師として大きなトラブルがなく仕事が続けられている要因となってます

しかし、看護師は医師への報告をすることが多いです

医師への報告は端的に要点を押さえないといけません

私には伝える力が不足しているため、まだまだコミュニケーション技術不足があります

『コミュニケーションは技術』です!

技術として取り組めば仕事上で不都合になることは少なると思います!

余談

仕事では問題なくコミュニケーションは取れてるけど…

仕事外となるとコミュニケーションはまだまだです

聞き役に徹すれば話は続くのですが話し下手なので話題が無くなると話せなくなります

そうなるのは私の考え方や性格が原因だと思ってますが改善は難しいですね

伝える力が少しでも上がったらとは思ってます

以上、余談でした!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加していますのでクリックして応援してくれると嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナース
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました