看護師を続けられてるコミュニケーション獲得までの道

看護

私はコミュニケーション能力が皆無と言っていいほど無かったです

こちらで少しお話してます【手に職を目指す道へ!】

まだまだコミュニケーション能力は低く苦手な意識は変わりません

そんな私が行っていたことを振り返りながら話して行きたいと思います

スポンサーリンク

会社員時代の特徴

コミュニケーションは見た目の印象も大事になると思います

当時は髪も前髪が目にかかるぐらいまでの長さでした

人とあまり目を合わせたくなかったから伸ばしてた

人の第一印象は『視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%』と言われています

第一印象から良くないですね

実際のコミュニケーションの方は

  • 自分から話しかけることは無い
  • 声がどもることが多い
  • 会話を広げたりすることも無い
  • 会話中の表情があまり変わらない
  • 早く会話が終わって欲しいと思っている
  • だいたい下を向いている
  • 更に異性になると余計にひどくなる

振り返ってみるとどんどん出てくる!

まだまだ思い付く!

止まらないのでここまでにしておきます

どこから手を付けたらいいのかわからない状態でした

取り組んだこと

まず人に慣れよう!!

人と接する機会が少なく積極的に接してないことからコミュニケーションが取れないと考えました

荒療治でしたが人と接する機会を作る目的も兼ねて病院で働くことにしました

スタッフに女性が多く、更に自分の親と年齢が近い人も多かったこともあり、話をひたすら聞いているだけで大丈夫でした

これが結構良く徐々に人に慣れていくことが出来ました

しかし患者さんへは自分から声掛けをしないといけないため大変でした

他のスタッフがしている声掛けを真似するようにしました

そうすることで徐々に話しかけれるようになりました

理学療法士の学生時代

まだ見た目の印象は微妙でした

髪の毛は目にかからない長さでしたが清潔感があるとは一概に言えない容姿でした

仕事先では最低限の会話は出来るようになってました

ただ盛り上がる雑談は一切できなかったです

今回からは同性代の人たちとのコミュニケーションが必要となりました

仕事の時と違い、自分からも話しかけないといけません

入学当初はかなりしんどかった

勉強がついていけないのもあった

勉強自体も全然ついていけなく正直コミュニケーションどころじゃなかったです

考え方が変わった瞬間

学生時代の授業の中でコミュニケーションの授業がありました

この授業の中での講師の言葉を聞いてコミュニケーションに対する考え方が変わりました

『コミュニケーションは技術』

という言葉です

え!?コミュニケーションって技術でどうこう出来るもんなん!?

当時はかなり衝撃的な言葉でした

あの言葉でここまで衝撃を受けてた人はいないと思ってます

この言葉と実際の授業での技術を使っての変化を知ることで技術要素であったことを認識することができました

この頃からコミュニケーションを考えながらするようになりました

最初に意識して取り組んだこと

コミュニケーションの授業で学んだことも踏まえて色々なことを意識するようになりました

  • 髪の毛を切った
  • 会話中に相槌を打つようにした
  • 相手の眼を見て話を聞くようにした
  • 同級生とも少しずつ交流するようにした
  • 笑うということ意識した
  • 聞いた話の中から質問をするようにした

少しずつ同級生とも仲良くなり会話する機会も増えていきました

取り組んだことで最初に変わった変化

『コミュニケーションは技術』

この言葉から行動を重ねて考え方も徐々に変化していくことを感じてました

  • 客観的に自分を見ること
  • ポジティブな言葉を選択しはじめてた
  • 物事を否定的に考えていることに気付いた
  • 自分の中で話を振り返ることが増えた

当時は特に考えてなかったのですがその後に振り返った後に気付けました

まとめ

ちょっと長くなったので一度話を区切ります

コミュニケーションは苦手だからできないと思っていた

『コミュニケーションは技術』

という言葉から考え方が大きく変わった

コミュニケーションが苦手と感じている人は1つの参考にでもしてみてください

続きはこちらです【看護師を続けられてるコミュケーション獲得までの道(完)】

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加していますのでクリックして応援してくれると嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナース
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました