【経験談】看護師の退職の実際

看護

私は看護師としても転職しています

2回退職を経験してるけど看護師の退職が一番大変やった

ここでは看護師としての退職を決意し行動した経過をお話します

退職したいけど…と悩んでる方の参考になればと思います

スポンサーリンク

退職を決意した理由

私は奨学金を借りて病院に勤めていました

返済期限+1~2年くらいはここに居ろうかな

退職ってなった時には奨学金の全額返済が必要になる契約だったので1年目から貯金してました

最悪の事態も想定しておくのは結構ええで

仕事は忙しかったですが退職を至るまでにはなりませんでした

そんな時に私の元に異動の話が来ました

看護師といっても組織所属しているので異動命令は仕方ない部分ではあります

異動の条件として無理だと思ったらすぐに元の部署に戻れる上で異動することとなりました

年度初めから異動先で働き始めましたが…

徐々に体調に異変が出てくるようになりました

まだ早いとわかっていながら異動1ヶ月後に体調不良があり元の部署へ戻してほしい旨を伝えました

今まで仕事で経験したことない体調不良やったから

元の部署には戻してもらえず働き続けることなりました

8月頃になり同期や仲の良い友達から「ちょっと変やで?」

少し客観的に生活を見直して見たらヤバイことに気付きました

  • ご飯を美味しいと感じない
  • バラエティー番組を見てもくすりともしない
  • あまり眠れていない
  • 楽しいと感じることが無い
  • 髪の毛がかなり薄くなっている

そこで同期から「転職活動してみたら?」と一言もらい

ホントにするか置いといてちょっと気分変わるかもせんしやってみるか

転職活動での驚き

転職しようと思った時はすでに思考は停止気味でした

同期の紹介もあり看護roo!を利用して転職の一歩を踏み出しました

色々と条件を聞かれましたが

精神的に疲れているので忙しくない場所ならどこでも

みたいな感じで最初は言ったと思います

転職エージェントと直接のやり取りになるので相手の方から色々と質問してくれました

条件を整理後にエージェントのオススメとして送られてきた求人の数

約20件!

もっとありますけど、とりあえずはと言われました

え?特にキャリア無いけど、そんなにあるもんか!

しかも今よりの待遇がええところしかないやん

看護師が転職しやすいとは知っていましたが知るから実感に変わりました

そこから更に2ヶ所に絞りました

1ヶ所は経験年数不足もあり書類で落ちましたがもう1ヶ所は書類も通り面接を経て内定をもらいました

決まってから面接までは1週間もありませんでしたね

エージェントのサポートもあり面接や履歴書も問題なくスムーズにできました

こういう仕事をしてる人やなって思ったわ

サポートがとても助かった

職場への退職活動

次の職場への内定をもらった上で退職願を添えて話をしに行きました

退職希望日の3ヶ月前に行きました

退職願を受取拒否

退職願を受取拒否されるという事態となりました

引き止められるとは思ってましたが退職願を受取拒否されると思いませんでした

え?受取拒否とかありえんの?

過去2回の退職ではそういった事も無かったですしね

もう意思が固まっているなら仕方ない受け取りますって感じでした

先輩に話を聞いてみたら受取拒否は良くあったらしいとのことでした

ホントかどうかわかりませんが目の前で紙を破られた人も居たとか…

証拠が無いので何とも言えませんけどね

退職についてちゃんと調べてみよう

退職の際に調べたこと

受取拒否で辞めれない可能性もあるので退職に関することを調べました

  • 民法では14日前までなら退職出来ること(契約により違いがあります)
  • 退職願は取り消し可能、退職届は取り消し不可
  • 労働基準監督署と呼ばれるところで無料で相談できること
  • 退職届を内容証明郵便で送る方法もあること

事前に色々と調べた上で労働基準監督署へ相談しに行きました

それで辞めることは可能ですが揉める可能性はあります

円満にするなら就業規則に沿って退職する方が良いです

と話を聞くことが出来ました

労働基準監督署が介入してくれることもあります

また労働基準監督署に相談に行ったと話すことで一気に話が発展することもありますが円満解決を目指すのであれば辞めた方が良いです

調べた内容で問題はないみたいやな

就業規則を確認しとこう

退職願から退職届に書き直す

ここまで毎週のように上司と面談してきました

大声で罵倒されることもありましたね

ちなみに何度話しても元の部署に戻る話は出なかったですね

最終的には別の部署への異動なら可能と話されました

いくら話しても全く話が進まない

退職届に変えて再度話すことにしよう

当然のように受取拒否でした

そこから面談することも減ってきました

退職予定日まで40日を切りました

もうこのままではアカンわ

揉めたくなかったけど仕方ない

内容証明郵便の利用

退職届は受理された時点で退職が確定します

受取拒否されていては退職が先延ばしにされているだけです

もし受け取っても受け取ってないとか言われんか

退職届の証拠を残すために内容証明郵便を利用することにしました

内容証明郵便とは郵便内容のコピーを郵便局でも保存することで証拠を残せれるものです

もし利用するなら

  • 取り扱っている郵便局を調べる
  • 書き方に文字数の決まり等があるので調べる
  • 郵送する時はオプションとして配達証明をつけた方が良い

郵送で送っても受取拒否は可能みたいです

これでも受取拒否されるなら労働基準監督署へ介入してもらいましょう

退職の1ヶ月前には届くように郵送し無事に受け取られました

その後も色々と文句を言われることもありました

もう辞めれるから言わしとこう

こういう時に人の本性って出るもんだなと実感した体験でもありました

まとめ:知っておきたいこと

この経験を元に退職について確認しておきたいことを簡単にまとめました

  • 奨学金の契約内容
  • 経験年数が少ないと転職の幅が狭くなる
  • 就業規則を確認する
  • 退職願と退職届の違い
  • 14日前までなら退職出来ること(契約により違いがあります)
  • 労働基準監督署について
  • 内容証明郵便について

看護師はどこも不足しており引き止められることがほとんどです

上司は辞めていく看護師をたくさん見ており引き止めるための術をたくさん持ち合わせています

だいたい最後は情で訴えてくるわ

退職を決めたなら何を言われても絶対に心が揺れないようにしましょう!

一瞬でも隙が見えたら付け込まれてます

気付いたら、もう1年と退職が延びていきます

その間に別の人が退職し更に退職しにくい状況となっていきます

どんな状況でも退職は出来ますが正直しにくいですしね

退職の意思は力強く持ち何を言われても揺るがないように!

逆を言えば意思が揺らぎそうなら退職自体を検討しなおしても良いと思います

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加していますのでクリックして応援してくれると嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナース
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました