1人暮らしが難しい!転職をしてみよう!

雑談

私は、早く1人暮らしがしたくて高校を卒業して就職しました

仕事をすれば、すぐに1人暮らしなんて出来るだろうと安易に考えていました

しかし、現実は厳しかった…

スポンサーリンク

工場勤務で気付いた現実

私は、工業高校(今でいう工科高校)へと進学し、工場勤務として働き始めました

先ほど話しましたが、中学生の頃から早く家を出て一人暮らしがしたいと思っていました             

ちょっとお金貯めて悠々自適な一人暮らしをするぞ!!

と、社会人生活に希望を抱いていました

特にバイトもしてなかったので、初任給貰った時は「こんな大金!」って思ったのは懐かしい思い出です

初任給では親孝行という形で、両親にプレゼントを買いましたね

仕事を続けて、そろそろ一人暮らししてみたいなと考えるようになり、それにかかる費用を調べることになりました

当時の手取りが残業を含めて約13万程度で、一人暮らしは出来ないことは無いが悠々自適に暮らすのは難しいという現実を知ることになりました

更なる衝撃の事実を知らさせる

古くから勤めていた先輩から、「今の現状でこの昇給なら、なかなか給料は上がらんと思っといた方がええで」と教えて頂きました

このままやったら、そもそも将来の暮らしが…

待て待て、もし会社が潰れたりしたら何が出来るんや!?

その事実に対して不安を抱き、更に行っていた仕事はいわゆる『手に職』という感じではなく、誰にでも直ぐに出来るようなものであり、将来の仕事について不安を感じるようになりました

  • 収入の低さと昇給の望みが薄い
  • 仕事が無くなるという不安

この2点から転職を検討することとなりました

医療系への転職を検討

それなりに安定して生活していくためには『手に職』を持つ方が良いという考えに至りました

『手に職』と言われても何かモノを作り出す技術を想像する人もいるかもしれないですね

それも一つの『手に職』だと思います

『手に職』とは、ここでは『専門職』という認識で考えてください

何か資格や特殊な技術を取得し、それを仕事に活かすという感じです

『手に職』を探そうと思った時に、知り合いの医療従事者から医療系を勧められました

メリット

①国家資格であり専門性の高いものである

②日本の高齢化が進んでおり、高齢者に対する医療に需要がある

他にも国家資格の種類により様々なメリットがあります

デメリット

①資格を取るまでに時間がかかる

②学費が高い

当時は、「国家資格」という響きも良いと感じて医療系やってみようかなと思ってました

振り返っての反省点

  1. 事前に1人暮らしで必要な費用を調べていれば良かった
  2. 仕事選ぶときに将来性も考えておくべきだった

良ければ以下も参考にしてみてください

『手に職』を目指す道へ

読んで頂きありがとうございました

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました