短時間での情報収集のコツについて!

看護

取る情報の量が多すぎて短時間ではとれない!

最初はそんな感じになると思います

情報を取っていても「情報収集ちゃんとやってる?」と言われることもあります

私もよく言われました

ここでは私が行っていた情報収集の優先順位と工夫をお伝えしたいと思います

参考にしてみて!

スポンサーリンク

優先順位について

仕事前の短時間で全ての情報収集をするのは無理だと個人的には思ってます

毎日の積み重ねで情報量も増えていきます

最初から全ての情報を取ることに集中しないように

その日の業務をこなす為の量を取りましょう

仕事を続けていれば取る情報量も少なくなっていきスムーズになります

取る情報がどこにあったかも覚えておくとええで!

優先すべき情報からポイントを抜粋していきます

現病歴

  • 病名
  • 入院した理由
  • 症状
  • 現在の方向性

ここがわからないと観察することもわからん

方向性まで情報収集が出来ると良い感じ!

慣れてくるとある程度の方向性まではスムーズに出来るようになる

 

既往歴

  • 病名
  • 症状
  • 治療の有無

観察が必要な部分も出てくる

糖尿病があったら血糖測定がいるかも!

と必要な処置も考えられるようになる

当日の勤務時間帯での指示

  • ICの有無とその内容に関する情報
  • 検査出しの時間と内容
  • 手術・カテ出しの時間
  • 点滴・抗生剤の時間
  • 内服の確認、食前や食間など
  • 血糖測定
  • 必要な処置

取る情報がどこにあるかで取り方や取りやすさも変わるで

私は電子カルテじゃなくてパソコンと紙の両方があった

点滴や内服は紙媒体の方でとってた

1日の処置一覧で出るものあるみたいです

多重課題になるので時間が重なっている時は必ず優先順位を考えましょう

バイタルサインなど

  • 体温、血圧、脈拍、呼吸数、Spo2
  • 最終排便
  • 排尿回数
  • 検査データ

だいたいこれくらい取れれば大丈夫かなー

看護・医師記録

現病歴の情報収集をした時に読んでるかもしれません

読んでない場合は少しでも読むようにした方が良いです

転倒や熱発の記録、過去のICの内容、治療方針などが書かれています

普段と変わったことは大事なことなので必ず情報収集しておきましょう

 

これらを仕事前の短時間で取るのはかなり難しいです

最初の頃は1時間前とかに来て情報を取ってました

夜勤の時はもっと早くに来てましたね

点滴の準備とかも含めると時間が全く足りなかったです

いわゆる前残業ってやつやな

正直、オススメせんけど…

受け持つってなったら責任あるから中途半端だと

インシデントやアクシデントに繋がるから

情報収集をせざるを得なくなる

どうすれば短くなる?

優先順位とポイントは何となく知れたと思います

ここからは短くする工夫を話します

知識を増やす

知識があると情報収集の時間はかなり短くなります

先輩らが早いのはまずこれが前提!

ここから展開して必要な情報を想定出来るから早い

最初は1つ1つがわからなくて取った情報のことを調べるための時間もかかります

まずは知識を少しずつでもいいので増やしていきましょう

知ってると情報収集もスムーズに出来るようになるで

情報の場所を覚える

これだけでも時間の短縮になります

最初は欲しい情報がどこにあるかや操作方法がわからないことが多いです

色々と触ったり探したりして場所を覚えていきましょう

紙とパソコン併用の所だと覚えるとかなり短縮に繋がります

電子カルテとかは時間がある時に色々と触るとええで

少しずつ情報を増やしていく

これが大事になってきますね

実際に働くことで情報が増えていきます

情報が増えることで取る情報量が減り時間短縮に繋がります

最初は大変!

慣れてきたら短くなる!

情報収集のかかる時間を把握する

実際に仕事を始めたときに時間管理がとても大事になります

その訓練の1つとして行うことをオススメします

例えば現病歴を把握するのにどれくらい時間がかかったとか

自分の中で1人の患者さんの情報収集が出来た時に何分くらいかかっていたとか

最終的には何分以内に取らないといけないとか

何となくの振り返りをするだけでも短くなっていきます

時間から短縮の道が見えたりする

あとケアする時も自分のかかる時間を把握しとくとええで!

 

私がやっていたこと

あまりオススメはしませんが私が実際にやっていたことを話します

情報収集の時間短縮が目的です

前日に情報収集をする

勤務終了の時間が近くなると明日の受け持ちがわかります

前日に情報収集をしておくことで次の日の情報収集の時間が短くなります

現病歴、既往歴、医師・看護記録は読んでたらええな

勤務時間以外に何か起きてることもあるので医師・看護記録は結局読む

バイタルサインは直前で見る

ホントに時間が無い時はしてました

紙カルテの場合は出来ませんがパソコンであればバイタルを入力します

その時に前日のバイタルを確認して観察項目を追加したりしてました

結局、前日と比べたりするから見るんやけどな

まとめ

優先順位

  • 現病歴
  • 既往歴
  • 当日の指示
  • バイタルサイン
  • 医師、看護記録

他の短縮方法

  • 知識を増やす
  • 情報の場所を把握する
  • 情報を増やしていく
  • 情報収集のかかる時間を知る

他に私がやっていたこと

  • 前日に情報収集
  • バイタルサインは測定時に確認

毎日、繰り返すことで情報収集の時間は短くなっていきます

情報収集が短くなれば業務を効率よく出来るようになっていきます

情報収集しながら業務の優先順位を無意識につけていくようになる

『これさえやれば!』というものがあれば良かったのですが毎日の積み重ねが非常に大事になります

ちょっとでも参考になればと思います

1年目の人はこちらも参考に【新人看護師へ1年間を乗り越える手助けを!】 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加していますのでクリックして応援してくれると嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナース
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました